「真打」登場(うどん・大阪門真市)

公開日: : 最終更新日:2016/02/16 Gourmet



今は昔、「華麗なる食卓」を読んで以来、カレー熱再燃の筆者です。

「楽々」を食べて以来、関西ソウルフードのうどんも奥が深いと思っているところ、知人より「場所柄にしては行列」と聞いて出かけたのがココ。

shinuchi

外見より中は広め

11:30にオープンなのですが、オープン間際にサラリーマンなどが一斉に来店するので出来ればその前ににいくことがおすすめ。

必食は「カレーうどん」

carryudon

「温玉ちく天カレーうどん」

※ランチタイム(三時まで)には小ご飯がついてきます。

うどんはコシ強め。

カレーはちょい辛め。

出汁がかなり多めに注がれているので、出汁カレーライスで食べるのも美味しい。

ちく天もいい感じに揚げられており、出汁と絡ませるとこれだけでおかずでいけます。

相方はきつねうどんを注文、関西人の筆者からしても出汁は甘め。

ボリュームに対するコストパーフォーマンスは良いので味も含めて十分満足できます。

第二京阪門真インター付近、少しわかりにくいアクセスですが機会があれば一度。

google adsense

関連記事

味にサバは読んでません「SABAR」(とろさば料理・大阪福島区)

今は昔、焼き魚が苦手な時期がありましたが高校生になり、アルバイト先で魚売場担当として自分で焼魚を焼け

記事を読む

美味しい串揚げ食べて幸せに「串幸」(串揚げ・大阪枚方市)

今は昔、先輩と串揚げを食べに行くも店の流儀を知らず「一体何品出てくるんだろう?」と言うくらい食べても

記事を読む

「クマリ」はカレーですな。(大阪枚方・ネパール料理)

今は昔、アジアの独特な色彩感覚ご未だに感性にあわない筆者です。 昔、職場の近くに個人的に「麻薬

記事を読む

そーゆーの?「双龍居」(中華料理・大阪市北区)

今は昔、「ストリートファイター」というゲームがあり、キャラクターの一人が「双龍拳・・

記事を読む

それはまことか!「まこと屋」です。(ラーメン・大阪中央区他)

今は昔、「まことちゃん」なる人気漫画があったのですが、今一つ面白さがわからなかった当時小学1年生だっ

記事を読む

花魁じゃありません「梅蘭」(中華料理)

今は昔、テレビで有名な中華料理人の兄さんが中華街へ店を出店すると雑誌でみつけ早速いっ

記事を読む

いまどきの「うどん色彩」事情(うどん・大阪鶴見区)

色彩感覚をはじめ芸術には心得がない筆者です。 大阪市鶴見区は1990年「国際花と緑の博覧会

記事を読む

同じ釜の飯を食べるなら盛らなきゃ「釜盛」(うどん・大阪枚方市)

今は昔、文化会系なので「同じ釜の飯を・・・」と言う体育系のノリはなかったのに、仕事では「同じ釜の飯」

記事を読む

コメダ珈琲の「たっぷりたまごのピザトースト」(喫茶)

今は昔、家で珈琲もトーストも食べられるのに、わざわざ喫茶店まで行って食べることが理解

記事を読む

BUZZらないでね「街の肉buff」(バル・大阪市北区)

最近、「バル」と言う単語を良く見かけるようになり焼肉料理の進化形か何かと興味を持ちながらググらず

記事を読む

google adsense

google adsense

PAGE TOP ↑