はじめての「王将御影店」(中華)

公開日: : 最終更新日:2016/03/21 Gourmet



今は昔、クラスメートの女性に方耳を掴まれ穴をふさぐように閉じられて「餃子」と言われたのですが、なぜ突如そのような行動をされたのか未だ謎の筆者です。

適度に餃子を欲するのですが、未だ「ココの餃子が最高!」と言うのはなくネットで騒がれていて、薦めてもいいかなと思ったお店がココ。

関西人にはなじみ深い「餃子の王将」

ここでは敢えて「京都王将」「大阪王将」について触れない。

筆者にとって「王将」と言えば京都王将。

メニューは店舗によって結構違い味も違う。しかしながら材料や調味料が一緒なのだろうか、どの店舗でも「王将」を感じさせる味を提供してくれる。

フランチャイジーなのに味やメニューは店舗任せ?噂には知っていたが餃子の餡と皮は本部工場から作られる同じ物であるが焼加減などは店に任されている模様。

その中で、「御影店」は別格との話。

IMG_5860

訪問当日は絶妙なタイミング、一席空いていたところをシットダウン。

孤独のグルメは餃子だけを食す

IMG_5861

仕事で神戸方面へ足を運んでいたとはいえ、餃子だけが目的なのだ。

王将でもココだけ!?味噌ダレ

IMG_5862

餃子と言えば醤油ベースのタレに、お好みでラー油、お酢。

神戸の方は餃子を食するに味噌ダレ文化らしいが、王将で味噌ダレを置いているのは御影店含めて数店舗らしい。

まずは、餃子

先般述べたように、餃子が食べたいと思うのだが「この餃子を愛してやまない」餃子に出会えてない。

しかし、御影に足を運んだら食べて後悔はしない餃子であると思う。

他のテーブルをみても炒飯をはじめ、何れもそそられる料理であった。何より価格が王将!

機会があれば一度。

ブログランキングならblogram

google adsense

関連記事

「クマリ」はカレーですな。(大阪枚方・ネパール料理)

今は昔、アジアの独特な色彩感覚ご未だに感性にあわない筆者です。 昔、職場の近くに個人的に「麻薬

記事を読む

BUZZらないでね「街の肉buff」(バル・大阪市北区)

最近、「バル」と言う単語を良く見かけるようになり焼肉料理の進化形か何かと興味を持ちながらググらず

記事を読む

いでよ!「井出商店」(ラーメン・和歌山市内)

今は昔、和歌山が「陸の孤島」と呼ばれている理由がわかりませんでしたが、旅行で体感した筆者です。

記事を読む

五穀のススメ(和食)

今は昔、「めし」と書かれた個人食堂に荒くれ者が昼飯をかっくらうイメージを持ち、足を踏

記事を読む

「真打」登場(うどん・大阪門真市)

今は昔、「華麗なる食卓」を読んで以来、カレー熱再燃の筆者です。 「楽々」を食べ

記事を読む

そーゆーの?「双龍居」(中華料理・大阪市北区)

今は昔、「ストリートファイター」というゲームがあり、キャラクターの一人が「双龍拳・・

記事を読む

東西南北どこにいようと「にしやん」(串焼き・大阪市北区)

今は昔、テレビドラマなどでガード下の赤ちょうちんで一杯なんてシーンが映し出される度「なんで、あんなう

記事を読む

結局・南極「北極星」(オムライス・大阪中央区)

今は昔、晩御飯にでてくるオムレツがあまり好きではなかったのですが、一人で外食するようになると我が家の

記事を読む

一蘭行ってまた一蘭(ラーメン・京都八幡市)

京都八幡界隈でラーメン店がひしめき合っている中、有名店でありながらとりあげてないなと

記事を読む

一緒に行くかい?「俺のフレンチ・イタリアン」(フレンチ・イタリアン大阪中央区)

今は昔、バブル時代にイタリアへ旅行した知人がレストランに入り3品くらい注文。イタリア人の胃袋が大きい

記事を読む

google adsense

google adsense

PAGE TOP ↑