味にサバは読んでません「SABAR」(とろさば料理・大阪福島区)

公開日: : Gourmet

今は昔、焼き魚が苦手な時期がありましたが高校生になり、アルバイト先で魚売場担当として自分で焼魚を焼けるようになると親は魚を焼き過ぎだったと気づいた筆者です。

筆者が高校生の時代、鯖と言えば八戸でしたが今ではノルウェーが主流で漁業の変遷を実感してます。

焼鯖が好きな人は多いですが、〆鯖も捨てがたいとおっしゃる鯖好きは一度訪れてみて下さい。

sabar

とろさばを中心に、和風、洋風テイストで鯖尽くしを堪能できます。

saba

 

↑とろ鯖の燻製は目隠で戴いたらスモークハムと勘違いしてしまうかも。

上質な鯖を使用しているためか、脂乗りもよく鯖の臭みも極限に抑えられてます。

筆者はスタンダードに定番を食しましたが、女性なら「世界のサバ・回遊プラン」コースが面白いかも知れません。

一人でもカウンターで食せますが、二人で堪能されるのがおすすめです。

google adsense

関連記事

レ・ミゼラブルはジャンバルジャン京洋菓子司は「ジュヴァンセル」(京洋菓子司・京都府東山区)

今は昔、同級生に「筆者ってお茶習ってんねやろ」って問いかけに冗談で言ってると思い「せやねん、結構なお

記事を読む

大将超えたね「塩元帥」(ラーメン・大阪鶴見区)

今は昔、仕事仲間が話題にしていたので久しぶりに行ってみたのがココ。 必食は

記事を読む

1番アイス「神戸にしむら珈琲店」(喫茶・兵庫県西宮)

今は昔、汗と青春を謳歌する高校球児に1ミリの共感もなく、高校野球中継の為、アニメの再

記事を読む

五穀のススメ(和食)

今は昔、「めし」と書かれた個人食堂に荒くれ者が昼飯をかっくらうイメージを持ち、足を踏

記事を読む

一緒に行くかい?「俺のフレンチ・イタリアン」(フレンチ・イタリアン大阪中央区)

今は昔、バブル時代にイタリアへ旅行した知人がレストランに入り3品くらい注文。イタリア人の胃袋が大きい

記事を読む

結局・南極「北極星」(オムライス・大阪中央区)

今は昔、晩御飯にでてくるオムレツがあまり好きではなかったのですが、一人で外食するようになると我が家の

記事を読む

ズン♪ズン♪「ずんどう屋」節(ラーメン・京都府八幡市)

今は昔、自分でラーメンの出汁を作ってみたいと思ったものの、ずんどうを購入する勇気がな

記事を読む

いまどきの「うどん色彩」事情(うどん・大阪鶴見区)

色彩感覚をはじめ芸術には心得がない筆者です。 大阪市鶴見区は1990年「国際花と緑の博覧会

記事を読む

鴫がネギしょって?「鴫の食堂」(ラーメン・大阪鶴見区)

「鴫」と「鴨」を頻繁に読み間違えてしまう筆者です。 筆者の仕事経路では滅多に通

記事を読む

名神ではなくて「道神」(ラーメン・駿河湾SA下り)

今は昔、別にラーメンマニアでもないのだが「孤独の紀行(大阪~神奈川県編)後」で紹介し

記事を読む

google adsense

google adsense

PAGE TOP ↑