鈴木福君の新しいお店ではない「新福菜館」(ラーメン・京都下京区)

公開日: : Gourmet

今は昔、テレビや漫画で美味しそうにラーメンをすするシーンが描かれますが、親がラーメン好きでなかったため、ご飯にはもちろん外食でも行くことはなかったので長い間想像の産物でしかなかった筆者です。

京都のラーメン談義で必ず出てくる第一旭と双璧のお店(実際隣同士の店舗)

sinnpukusaikan

筆者、基本的に醤油ラーメンは食さないのですが、この手の話題になると「聞いたことある!一度行きたい」と言う人が多いのでお付き合いで・・・。

醤油ラーメンを避ける理由が、あっさり系は物足らず濃い系は醤油辛い先入観があり。外れた時、他系のラーメンより残念度が高いので自らで足を踏み入れることはありません。

そんな中でこのラーメンは醤油辛くなくてコクがある。それが人気なのかはわかりませんが筆者的にも「と、いうわけで」(←※わかる人にはわかる)機会があれば前向きにお付き合いするラーメンです。

松崎しげるに負けるとも劣らないチャーハンの真っ黒さもイベント的には楽し。もちろんこちらも見た目より全然普通のチャーハンの味で食せます。

現地に行って右(新福菜館)か左(第一旭)かは、ご自身の五感で選んでください。

【新福菜館サイト】

http://www.shinpuku.net/index.html

google adsense

関連記事

「ピッチュ」ピッチュピザピザらんらんらん(ピザ・鶴見区)

今は昔、デリバリーピザを定期的に注文していましたがめっきり頼まなくなったなと思う筆者です

記事を読む

「上善」豚の如し(大阪茨木市・とんかつ)

今は昔、アルコールを嗜まない筆者に「筆者さん、これはフルーティーで飲みやすいよ」と勧

記事を読む

それはまことか!「まこと屋」です。(ラーメン・大阪中央区他)

今は昔、「まことちゃん」なる人気漫画があったのですが、今一つ面白さがわからなかった当時小学1年生だっ

記事を読む

花魁じゃありません「梅蘭」(中華料理)

今は昔、テレビで有名な中華料理人の兄さんが中華街へ店を出店すると雑誌でみつけ早速いっ

記事を読む

風の街じゃなくてもある「風月」(お好み焼)

今は昔、親に晩御飯のメニューを聞いて『お好み焼き』と言われるとブルーになっていました

記事を読む

レ・ミゼラブルはジャンバルジャン京洋菓子司は「ジュヴァンセル」(京洋菓子司・京都府東山区)

今は昔、同級生に「筆者ってお茶習ってんねやろ」って問いかけに冗談で言ってると思い「せやねん、結構なお

記事を読む

一緒に行くかい?「俺のフレンチ・イタリアン」(フレンチ・イタリアン大阪中央区)

今は昔、バブル時代にイタリアへ旅行した知人がレストランに入り3品くらい注文。イタリア人の胃袋が大きい

記事を読む

いでよ!「井出商店」(ラーメン・和歌山市内)

今は昔、和歌山が「陸の孤島」と呼ばれている理由がわかりませんでしたが、旅行で体感した筆者です。

記事を読む

「丸高中華そば」を知らずに筆者は育った(ラーメン・和歌山市内)

今は昔、親に中華そばを食べてみたいとねだるも食べさせてもらえなかったので、孫の強みか

記事を読む

そーゆーの?「双龍居」(中華料理・大阪市北区)

今は昔、「ストリートファイター」というゲームがあり、キャラクターの一人が「双龍拳・・

記事を読む

google adsense

google adsense

PAGE TOP ↑