いまどきの「うどん色彩」事情(うどん・大阪鶴見区)

公開日: : 最終更新日:2016/03/11 Gourmet


色彩感覚をはじめ芸術には心得がない筆者です。

大阪市鶴見区は1990年「国際花と緑の博覧会」の開催地。

仕事の関係で移動の中継場所になる事が多く何かとご飯散策をするのだが、過日何気に美味しかったお店がココ。

IMG_6156

いつも製麺室がそばにあった

IMG_6149

うどん屋で製麺室が別に見えているのは珍しい ※筆者調べ

麺がウリなら天ざるで

IMG_6151

讃岐とは違うタイプのコシ。どちらかというとモチモチ。

出汁は薄口控えめ。

天ぷらは抹茶塩で食す。

もちろん美味し。

カレーうどんも何気に人気

IMG_6208

ルーは和風出汁でたっぷり。ピリッと辛いが後にはひかない。

肉は高級品でないにせよかなり多い。

コストパフォーマンス高し。

20席くらいだろうか。昼時は順番待ちになるほど人気店のよう。

カレーうどんと並んで「かすうどん」の注文も多かった。

ざる、かまあげ、温うどん、バリエーションも豊富ながら、いたずらに種類が多いだけでなく丁寧な仕事をされているように思う。

昼時、うどんでもと気楽に入って予想以上に満足するお店だ。

ブログランキングならblogram

google adsense

関連記事

「G’day」が想像以上に凄い(洋食・大阪枚方市)

今は昔、美味しいものを探し食べるのが趣味の一つと言ってもよいのですが、加齢と共に出不精が更に

記事を読む

「真打」登場(うどん・大阪門真市)

今は昔、「華麗なる食卓」を読んで以来、カレー熱再燃の筆者です。 「楽々」を食べ

記事を読む

「丸源ラーメン」を知らずに僕は育った(ラーメン)

今は昔、「大工の源さん」と言う名のパチンコ台があり。パチンコで10万勝ちも夢でなかったのを懐

記事を読む

「クマリ」はカレーですな。(大阪枚方・ネパール料理)

今は昔、アジアの独特な色彩感覚ご未だに感性にあわない筆者です。 昔、職場の近くに個人的に「麻薬

記事を読む

「B.O.F」(フランス料理・大阪北区)

今は昔、友達とファミレスに行った時「あそこにいるの友達やねん」と指さした方向にメイドさんがいたので、

記事を読む

五穀のススメ(和食)

今は昔、「めし」と書かれた個人食堂に荒くれ者が昼飯をかっくらうイメージを持ち、足を踏

記事を読む

そーゆーの?「双龍居」(中華料理・大阪市北区)

今は昔、「ストリートファイター」というゲームがあり、キャラクターの一人が「双龍拳・・

記事を読む

その「としのや」はり美味しかった府中焼(府中焼・広島市内)

今は昔、広島焼きなるものがあると聞き、車で出かけてお好み村で食べてくるも後日、広島出身の先輩から「お

記事を読む

知り合いの山本さんも始めないかな「ねぎ焼やまもと」(ねぎ焼・大阪淀川区)

今は昔、お好み焼ならぬ、ねぎ焼きなるものがあるのを知ったのは社会人になってからの筆者

記事を読む

はじめての「王将御影店」(中華)

今は昔、クラスメートの女性に方耳を掴まれ穴をふさぐように閉じられて「餃子」と言われたのですが

記事を読む

google adsense

google adsense

PAGE TOP ↑