渋いうまさだ!「りんごのシブースト」(モスバーガー)

公開日: : 最終更新日:2015/04/01 Food

今は昔、高校社会の授業で「人生はりんごの実だ、かじって美味しくなかったら次を食べればいい。見てるだけで食べないのが一番よくない。」と講師に言われたのが心に残った筆者です。

昨年あたりにネットで「モスバーガーのシブースト」が神ウマッ!!とまたもやハードル上げてる記事を見かけたのですが…。

しかし今度はモス。若干値段がはるのと店舗がそこらかしこにないのがカナリキズですが期待は高まります。

1度目のチャレンジはあえなく売り切れ、そういえば駅前にモスカフェあるやんと出かけるも取扱いなく。

縁がないのかと放置していたところ、ある日食事に小一時間待ち時間が出来たのでどこかで時間つぶしに何か食べようと彷徨っているとモスの看板がみえるじゃないですか。

mosbuger

ショーケースの在庫を確認せず「りんごのシブースト」をオーダー

ringoのシブースト

後で確認したら最後の一つだったようです。

シブーストとは?

wikipediaによると
シブースト (フランス語: Chiboust) とは、クレーム・シブースト (Crème Chiboust) を用いた、フランス発祥のケーキの1種である。フィユタージュ(折りたたんだパイ生地)にリンゴ、クレーム・シブーストを重ねて、上面をキャラメリゼして作られる。

よくわかりませんが要は「生地+クリーム+カラメルケーキ」と言うことだな。

まずは上にのっているゴロっとしたりんごを口の中へ

筆者、冷凍ミカンならぬ「冷凍リンゴ」作って以来、ゴロゴロりんごに若干トラウマ気味なんですが。

日頃の行いは良かったようだ!!

二種類のりんごがサクサク!

美味しさの秘密はやはり「絶妙」

甘さも砂糖漬けでなくりんご本来の甘酸っぱさを残しつつ、やっぱりりんごは青森産だからこそのウマさ?ごめんねリンゴスター!

スポンジも硬めのプディングの様な生地も苦めのカラメルソースによって全体をまとめ上げてます。

プライベート告知になりますが、筆者を知る知人には「コレ食べとこ」レベル。

2015年3月下旬までらしいので急いで!!

【モスバーガーサイト】

google adsense

関連記事

名古屋には「なごやん」があるやん

今は昔、新幹線で移動中。名古屋駅到着近くになると愛知県人と思われる方々が名古屋弁で会話されているのを

記事を読む

三代目たくちゃん…悪くないですね…フフ…(たこ焼き・大阪枚方市)

今は昔、卓也と言う同級生が「たくちゃん」と呼ばれていたのを思い出し郷愁にふける筆者です。

記事を読む

マールブランシュのモンブラン(京都)

今は昔、母親はモンブランが好きらしく、お土産のショートケーキの中にいつも一つは入って勧められるも個人

記事を読む

多分、皇室御用達ではない「ロイヤルカスタードプリン」(兵庫)

今は昔、プリンと言えば母親が作る「ハウスプリンミクス」ばかりだったので「プリンを焼く」調理法があるこ

記事を読む

たまに行けたらいいな「たま木亭」(パン・京都府宇治市)

今は昔、安全地帯世代ですが、玉置さんって若い時からエキセントリックだったのか謎に思う筆者です。

記事を読む

「ル・クロワッサン ショップ」(パン・大阪市鶴見区)

今は昔、同僚が「朝食にカフェオレとクロワッサンが最高!」と言ってたのを聞いて一時期ハマっていた影響さ

記事を読む

福砂屋のカステラ(長崎)

今は昔、CMの印象か、カステラと言えば相良直美さんを思い出す筆者です。 その昔、友人が修学旅行

記事を読む

クロネコヤマトじゃない黒猫が目印の「シャノワール」(洋菓子)

今は昔、親に黒猫を飼うと不幸になると教えられたので黒猫が苦手な筆者です。 筆者のケーキが「美味

記事を読む

ひとあじ違う「大人のチョコバット」(三立製菓)

今は昔、のび太並に野球が苦手だった筆者です。 チョコバットが全国区かどうかは知れませんが、関西

記事を読む

萩の月(宮城)

今は昔、仙台=宮城県すらピンときてない県庁所在地のテスト赤点だった筆者です。 仙台と言われると

記事を読む

google adsense

google adsense

PAGE TOP ↑