渋いうまさだ!「りんごのシブースト」(モスバーガー)

公開日: : 最終更新日:2015/04/01 Food

今は昔、高校社会の授業で「人生はりんごの実だ、かじって美味しくなかったら次を食べればいい。見てるだけで食べないのが一番よくない。」と講師に言われたのが心に残った筆者です。

昨年あたりにネットで「モスバーガーのシブースト」が神ウマッ!!とまたもやハードル上げてる記事を見かけたのですが…。

しかし今度はモス。若干値段がはるのと店舗がそこらかしこにないのがカナリキズですが期待は高まります。

1度目のチャレンジはあえなく売り切れ、そういえば駅前にモスカフェあるやんと出かけるも取扱いなく。

縁がないのかと放置していたところ、ある日食事に小一時間待ち時間が出来たのでどこかで時間つぶしに何か食べようと彷徨っているとモスの看板がみえるじゃないですか。

mosbuger

ショーケースの在庫を確認せず「りんごのシブースト」をオーダー

ringoのシブースト

後で確認したら最後の一つだったようです。

シブーストとは?

wikipediaによると
シブースト (フランス語: Chiboust) とは、クレーム・シブースト (Crème Chiboust) を用いた、フランス発祥のケーキの1種である。フィユタージュ(折りたたんだパイ生地)にリンゴ、クレーム・シブーストを重ねて、上面をキャラメリゼして作られる。

よくわかりませんが要は「生地+クリーム+カラメルケーキ」と言うことだな。

まずは上にのっているゴロっとしたりんごを口の中へ

筆者、冷凍ミカンならぬ「冷凍リンゴ」作って以来、ゴロゴロりんごに若干トラウマ気味なんですが。

日頃の行いは良かったようだ!!

二種類のりんごがサクサク!

美味しさの秘密はやはり「絶妙」

甘さも砂糖漬けでなくりんご本来の甘酸っぱさを残しつつ、やっぱりりんごは青森産だからこそのウマさ?ごめんねリンゴスター!

スポンジも硬めのプディングの様な生地も苦めのカラメルソースによって全体をまとめ上げてます。

プライベート告知になりますが、筆者を知る知人には「コレ食べとこ」レベル。

2015年3月下旬までらしいので急いで!!

【モスバーガーサイト】

google adsense

関連記事

もしも願いが叶うなら吐息を「白バラコーヒー」に変えて(コーヒー牛乳・大山乳業農業協同組合)

今は昔、「もしも願いが叶うなら、吐息を白いバラに変えて」の歌詞を聞いて、「あぁ、やっぱりプロは洒落た

記事を読む

「博多通りもん」は王道もん青竹割ってへこにかくばってん(福岡)

今は昔、博多の屋台ラーメンを食べに行きたいと思うも未だ叶わずの筆者です。 たまたま九州へ出張へ

記事を読む

アルプスの少女「ハイジ」も食べたいと思うパン(パン・京都八幡市)

今は昔、大人になって、周りからの指摘で自分がパン好きであることを知った筆者です。 パンの美味し

記事を読む

鳴門屋のパン(パン・大阪市生野区)

今は昔、「ロバのパン屋」からリアルタイムで購入出来た世代ですが、軽バンで売りに来てたので「ロバ」はた

記事を読む

ここ幹線道路?「ROUTE271」(パン・大阪高槻市)

今は昔、パン好きですが早起きが苦手でパン職人にはなれないと思っていた筆者です。 とあるブロガー

記事を読む

ひとあじ違う「大人のチョコバット」(三立製菓)

今は昔、のび太並に野球が苦手だった筆者です。 チョコバットが全国区かどうかは知れませんが、関西

記事を読む

乳酸菌が1億個!「ビスコ」発酵バター仕立て(グリコ)

今は昔、子供のおやつと言えば「1粒300メートル」のグリコキャラメルか「ビスコ」「ポッキー」「プリッ

記事を読む

「米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店」のおにぎり (おにぎり・京都スバコ)

今は昔、母方実家が農家で農作業に非力ながら手伝いに行くと新米をご相伴にあずかるわけで

記事を読む

これが本物?「REAL BROWNIE」(日本オリオン)

今は昔、恋とチョコレートは甘い方がいいと言いながら、甘すぎるのは受付けなくなってきた筆者です。

記事を読む

桔梗屋と武田信玄のコラボ!?「桔梗信玄餅」(山梨)

今は昔、武田信玄と言えば騎馬隊くらいしか思いつかない日本史赤点間際だった筆者です。 孤独の紀行

記事を読む

google adsense

google adsense

PAGE TOP ↑