「大安」の漬物(漬物・京都)

公開日: : 最終更新日:2015/02/11 Food

今は昔、学生時代、漬物を自分で漬けてみようと無農薬の糠を購入。「ビールを入れたらいい」と言われればビールを入れ、「釘を入れるといい」と言われれば釘をいれ結果。堪らない匂いの糠床になったので「餅は餅屋」に任せる事にして漬けるのをやめた筆者です。

幼い頃は、付け合わせに白菜の漬物が頻繁に出てきても、それに醤油をかけずに抵抗なく食べられていたのですが、「川中醤油天然かけ醤油」を手にして以来、やっぱり漬物には軽く醤油が最高ですね。

道の駅など何気なく買った漬物に当たりもあるのですが、そういう時に限って漬物買うだけに再び行くのを躊躇される場所だったり。

住まいが京都にも近いので美味しい漬物を食べたくなったらココ。

大安と言えば千枚漬け。

そういえば関西で「大安の千枚漬け」のTVコマーシャルはお馴染みでしたが今ではとんと放映されなくなりました。

その千枚漬けの「甘さ・酸味・食感」どれをとっても絶妙。

他社でも多く出回っているかと思いますが頭一つでています。

senmaiduke

お漬物は基本ごはんのお供ですが、大安のつけものはそれ単体で箸がススミます。

harukyabetu

期間限定「春キャベツ」の漬物

野菜の「シャッキリ感」を残しつつ、天然の素材や調味料を使用しているこだわりが商品にしっかり反映されています。

筆者、子供たちが漬物を食べないので食する機会が遠のいてましたが今回、知り合いよりお土産で頂いて改めて大安の京漬物の美味しさを実感。

一度ご賞味あれ。

【京つけもの大安サイト】

google adsense

関連記事

鳴門屋のパン(パン・大阪市生野区)

今は昔、「ロバのパン屋」からリアルタイムで購入出来た世代ですが、軽バンで売りに来てたので「ロバ」はた

記事を読む

福砂屋のカステラ(長崎)

今は昔、CMの印象か、カステラと言えば相良直美さんを思い出す筆者です。 その昔、友人が修学旅行

記事を読む

クロネコヤマトじゃない黒猫が目印の「シャノワール」(洋菓子)

今は昔、親に黒猫を飼うと不幸になると教えられたので黒猫が苦手な筆者です。 筆者のケーキが「美味

記事を読む

汁も出汁も不要な鶴屋八幡 「鶏卵素麺」(大阪)

今は昔、会社の上司が工夫する方で、夏場毎日素麺も飽きるからと素麺をスパゲッティ風にアレンジして周りに

記事を読む

二葉亭四迷も愛した?「ふたば」の豆餅

今は昔、二葉亭四迷を知らない中学生の娘の学力に不安を覚える筆者です。 京都で仕事してた頃に豆餅

記事を読む

「洋酒香るフルーツパウンド」について(セブンイレブン)

今は昔、京橋駅(大阪)に大阪人にはなじみの洋菓子屋「ヒロタ」があった。 当時「ヒロタ」

記事を読む

こだわり極プリン(愛知県)

今は昔、幾つになってもプリン好きですの筆者です。 スーパーなどで新商品を見かけたらついつい手が

記事を読む

ひとあじ違う「大人のチョコバット」(三立製菓)

今は昔、のび太並に野球が苦手だった筆者です。 チョコバットが全国区かどうかは知れませんが、関西

記事を読む

陳健一さんが写ってる「四川焼売」(日本ハム)

今は昔、焼売に乗ってる豆の効能が今一つ不明な筆者です。 ある日、気分はシュウマイと帰りに551

記事を読む

たまに行けたらいいな「たま木亭」(パン・京都府宇治市)

今は昔、安全地帯世代ですが、玉置さんって若い時からエキセントリックだったのか謎に思う筆者です。

記事を読む

google adsense

google adsense

PAGE TOP ↑