「Yes-No」(オフコース・1980)

公開日: : 最終更新日:2016/02/27 Memo



※この話はフィクションです。

今は昔、1984年。

その1年前に友人のI君からベストアルバム「YES-YES-YES」を借り(パク)た事から僕の音楽はオフコース一辺倒になった。

yesyesyes

オフコース・・・そのアルバムのジャケットを見ながら名前だけ聞いたことあるなと思いながらレコードの針を落とす。

A面の最初「僕の贈り物」は聴いた覚えがないが僕の好きな70年代フォークの匂いを感じ「眠れぬ夜」「秋の気配」は叔母が聴いていたラジオでなんとなく流れていた記憶がある。

B面の一曲目「Yes-No」で比較的ハードなサウンドとメロディで一気にファンになってしまう。

歌謡界では松田聖子、小泉今日子、たのきんトリオ、チェッカーズ。所謂「8○年組アイドル」が活躍していた時代。もちろん歌番組もチェックしていたが「シンガーソングライトのニューミュージックこそ音楽」と「わかったふり」の中学生だった。

Yes-No

「Yes-No」

まだ「抱いて」の意味が「抱擁」くらいにしか認識できていなかった僕は「君を抱いていいの?」「好きになってもいいの?」と言う歌詞に人を好きになるのに何を大げさにと思いながら苗字の関係でたまたま横の席になったSさんに「好きになってもいいの?」と聞いたらどうこたえるのだろう?と疑問がわいた。

「いいよ」と答えてくれたらどうしよう。淡い期待2/3。面白い返ししてくれないかなと1/3。

早速授業中にも関わらずサビの「君を抱いていいの」と歌いだし、すかさず「好きになってもいいの?」とSさんの方を向いて歌ってみた。

多分聞こえていると思うが彼女は素で聞こえないふりをする。

もちろん想定内の対応であるが、だめもとで「いいの?」ともう一度押してみる。もちろん聞こえないふりをしたまま黒板を見つめている。

すると一つ後ろの席のこれまた別のSさんがすかさず「あかんに決まってるやろ!」

「そりゃそうだよね。」苦笑いしながら彼女の「Yes-No」の返事を聞くこともなく僕の淡い気持ちは音を立てずに流れて消えた。

prophet5

 この曲のイントロが好きでprohet-5というシンセサイザー使用されている。独特のうねりが印象的なサウンドで形から入る僕はいつかこのシンセが欲しいと思っていたが当時1台170万円!
テープが擦り切れるまで何度もみたコンサートビデオ「1983.06.30」でキーボード担当の小田さんは2台のprophet-5であのサウンドを奏でているわけである。

prophet5
 それだけで340万円。この計画も音を立てずに消えた。
発売から40年。今はソフトシンセや開発者のDave Smithが設立したDave Smith InstrumentsよりProphet’08が発売されている。

いつか、このサウンドを作ってイントロだけ弾いてみたい。

google adsense

関連記事

今月の気になるところ(2015/3)

3月の気になったニュースはこちら まるでエビがサーフボードに寝転んでいるよう??不思議な形の天ぷら

記事を読む

今日の気になる画像(2015/2/2)

ルパン40年の比較

記事を読む

今日の気になるところ(2016/03/18)日常生活編Ⅱ

前回の今日の気になるところ(2016/03/15)日常生活編、思いのほか反応が良かったので調

記事を読む

もう既にミニとは呼べない「mini」

今は昔、人から車好きと言われたり、そうでもないよねと言われたり。結局中途半端なユーザーなんだと思う筆

記事を読む

片手間1ヶ月○○円稼ぐ具体的な方法①(PC編)

筆者、幼い頃から文章で食べていけたらと言うのが夢の一つ。 インターネットもない時代、新聞広告の

記事を読む

今月の気になるところ(2015/2)

2月の気になったニュースはこちら 1985年にレバノンで起きたソ連外交官誘拐事件、事件解決のために

記事を読む

「忘れないで」(Dreams Come True・1991)

昨年同様5月当たりから急にタイプする作業が増え、ブログまで打ち込む気になれず放置気味の筆者です。

記事を読む

今日のお買い物(2016/02/13)

先日、娘に明日の試験頑張れとエールを送ると『聞いている時間が無駄』と返された45歳の冬、筆者です。

記事を読む

純正のLightningケーブル断線したら無料で交換できるかも

今は昔、保証期間内に自然に故障しても手続きが面倒で買いなおしてた筆者です。 iPhone純正の

記事を読む

欲しいものは書いて手に入れる

今は昔、物欲の塊でしたが読み終わった文庫はその場で捨てるほど所有欲のない父親をみて、親子でどうしてこ

記事を読む

google adsense

google adsense

PAGE TOP ↑