孤独の紀行(大阪~神奈川県編)中

公開日: : 最終更新日:2015/03/25 Spot

前回までのあらすじ

仕事仲間の結婚式に出席するために、無謀にも車で現地へ向かう計画を立てた筆者。

式場近くで仮眠をしていたにも関わらず、大人の事情で一路川崎市経由で式場へ。

無事式の参列も終わり。予定していたブログネタ先へ移動しようとした矢先、またもや大人の事情で更に予定外の移動。

やっと解放されたその先には、わずかな食欲と激しく襲う疲労と睡魔。

最後の力を振り絞りホテルに戻るとそっとまぶたを閉じる。

目覚めたのは窓から見える風のきつそうな朝だった。

江の島が見えるとブログのネタも近い

enoshima

日本三大弁財天の江島神社

beniarai

水でお金を清めて賽銭箱に投げ入れる。

筆者、それなりの長身をいかしてIN!

これで、お金周りに困る事はないだろう。

tobitucyo2

とびっちょ本店。オープンと同時に人が詰めかけ順番待ち。

禁漁中の為、生しらすは食せず。後ろ髪をひかれながら今回は断念。

 

サザンが愛した江の島をもう少し堪能したかったが戻り寒波。

もう一度言う「日頃の行いは悪くないはず」

寒い。春の訪れが筆者を誘う予定だったのでジャケット一枚だ。

翌日は仕事だ、花粉症と勘違いされて休めない風邪はひけない。

足早に車に戻り、暖房を26℃に変更した。

 

落下物は落とし主の責任です!

高速の入口へ向かっている途中「パーン!」と言う音とともに左後輪タイヤに異物付着感が・・・。

「パンクか?」そこそこ混んでいる中、大型洋服店の駐車場に回避。

左後輪を眺めると、金属破片がグッサリ・・・。

まだ空気は抜けてない、今ならまだ間に合うか?

タイヤから聞こえてくるカタカタ音に不安を抱えながらガソリンスタンドに到着。

スタッフの「ちょっとみてみますね。」から10分経過。タイヤが駄目になっていたらすぐに匙を投げられるはず。うん大丈夫だ。

「いやぁ凄いの刺さっていましたね」と金属をみせられる。

タイヤ交換して1ヶ月もしないのに横キレで交換するハメになったのに、また交換!?が回避されたのでホッとひと安心。

会計を済まして車に乗り込もうと何気にリアドアを見ると

 

なんだぁ!?マシンガンで撃たれたような跡は!

 

走行中気づかなかった金属片。タイヤだけでなくリアにも破片が飛び散っていたようだ。更に出費がかさむ事を覚悟してスタンドを後にした。

改めて言う、「日頃の行いは悪くないはず」

 

思い出の地「足柄サービスエリア」

とりあえず、東名で有名なサービスエリア。

規模や施設どちらをとってもそれなりに、温泉などもあるので下手したら1日くつろげそうな巨大SA.

f1

F1カーが申し訳なさそうな場所に鎮座されている。

shingenmochi

数あるお土産品の中で筆者がネタに選んだのは桔梗屋の「信玄餅」

また、ハードル上げてるんじゃないの?と思いつつ

「美味しい食べ方がネットで話題」その一言に負けた。

goraiko

「めちゃイケサービスエリア」筆者から見ると残念。

まさかの「前・中・後」

加齢とともに忘却路線も上がり気味、忘れぬうちにと更新内容を書いていたら、まさかの三部構成。

次で決めるのがプロだ。

孤独の紀行(大阪~神奈川県編)後

google adsense

関連記事

中之島漁港に寄港した話を寄稿

今は昔、魚好き→魚嫌い→魚好きと味覚は変遷するものだと感じた筆者です。 2015/2/18中之

記事を読む

孤独の紀行(大阪~神奈川県編)前

仕事仲間が本人の地元、鎌倉で結婚することになり。本来なら新幹線で行くところですが、電車のアクセスにア

記事を読む

季節はいつでも「水春」(総合温泉・大阪市鶴見区)

今は昔、家にお風呂があるにも関わらずわざわざ「温泉」に行くのは何故か理解できなかった筆者です。

記事を読む

京大の時計台記念館の下でフランス料理食べてみた

今は昔、「大学は東大じゃなくて京大だよ」とのたまわりながら実際は大学進学すら危ぶまれた筆者です。

記事を読む

孤独の紀行(大阪~神奈川県編)後

前回までのあらすじ 仕事仲間の結婚式の帰り道、大人の事情で大幅に予定は狂ったもののどうにか帰路にむ

記事を読む

伏見稲荷大社(京都市伏見区)

今は昔、お正月に参拝するのは友達同士出かける口実でしたが、加齢と共に信心とは別に「祈」は大事だなと感

記事を読む

「銭亀神社」(奈良・信貴山朝護孫子寺内)

今は昔、物心つく前に親戚の叔父さんに「千円札1枚と10円玉10枚どっちが欲しい?」と聞かれると「千円

記事を読む

延羽の湯(天然温泉・大阪羽曳野市)

今は昔、松田聖子さんと別れ際に「生まれ変わったら」発言(真偽は定かでない)で二谷友里恵さんに突っ込ま

記事を読む

google adsense

google adsense

PAGE TOP ↑